人参とがんもの含め煮

人参とがんもの含め煮

子どもたちにはあまり人気があるとは言い難いかもしれませんが、
ご飯のおかずにお酒のお供に、旬の人参の煮物ほど美味しい物はありません。

子どもたちが敬遠する理由は、あの独特の人参臭が原因なのは間違い無いでしょう。

そんな時、一度ぜひ、旬の時期にしか採れないブランド人参を使ってみることをおすすめします。

「え? 人参ってこんなに甘かったの??」
「臭いがぜんぜんしない」

そんな風におもうこと間違いありません。

そんな人参を利用すると、今まで彩りなどで使われて脇役だった人参が
メインの食材になってしまったりしちゃいます。

例えばですが、肉じゃがとか作られると思いますが
人参がメインになって「肉にんじん」、

じゃがいもとニンジンが逆転しても
ぜんぜん美味しく食べることが出来るメニューとなったりするんです。

今回のニンジンとがんもの煮物もそんなブランドニンジンを使ったメニューの一つです。

◆材料

 にんじん
 がんも
 ゆで卵
 だし汁
 

◆作り方

人参とがんもの含め煮

人参は1センチ~1.5センチほどの厚さに切って、面取りしておきます。
今回は面倒だからしませんでしたが、飾り切りをすれば、もっと綺麗に仕上がるのは当然ですね。

たっぷりと出汁を作っておいて、後は小一時間ほど、弱火で煮込めば出来上がりです。

今回は普通のゆで卵を使って見ましたが、うずら卵でもなんでも、無くても良いかなとも思います。

ブログランキングに参加しています、応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ 野菜料理へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする